佃煮の歴史の最近のブログ記事

佃煮の歴史 : 日本全国よりすぐりの佃煮通販サイトわそう

佃煮(つくだに)は、東京都中央区佃島を発祥とされる海産物の煮物のこと。

大坂・佃村(現大阪市西淀川区佃)から徳川家康に移住を命じられて

江戸の佃島に移った人々が最初に作ったものとされる。

どちらで創出されたかについては議論があり、

大坂・佃で漁民が保存食として作っていた煮物を家康が気に入り、

「佃煮」を作ることを命じた。

江戸・佃島の住吉神社の祭礼に供えた白魚の塩漬けが起源、

という説がある。

一般に海産物、とりわけ小魚、アサリなどの貝類、昆布等の海藻類、

山地ではイナゴ等の昆虫類などを醤油・砂糖等で甘辛く煮染めたものを

こう呼ぶ。

もともとは小さすぎて出荷できない魚を漁民が自家用に保存食としたものという。

濃い味付けのために保存性が高まり、参勤交代の武士らが江戸からの

土産物として持ち帰ったため広まった。

今では全国各地に土地の名物の佃煮はあり、江戸前に限るということはなくなった。

上述のように余り物利用の保存用食品であったことから、物が有り余って持て

余すさまを「佃煮にするほど」などと表現したりする。

現在市販されている佃煮は、うす味、甘口で、真空包装の物や、

無添加であっても要冷蔵の佃煮が多い。

本来の江戸前佃煮とは、冷蔵庫や真空包装のない時代に、常温で夏でも

おにぎりや弁当に入れても傷まない辛口のものが安心で重宝された。


▼佃煮専門店わそう:日本全国よりすぐりの佃煮通販サイトはこちら
http://www.tsukudani.co.jp/


記事のカテゴリ

カレンダー

2010年6月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
わそうメルマガ登録
お電話の問い合わせ
FAXの問い合わせ
ホームページでの問い合わせ
リクエストはこちら